TWITTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
AUTHOR PROFILE
SEARCH THIS SITE.
LINKS
一緒にこのブログを創ってくれる人募集中!
チャイルドライン
チャイルドラインバナー

4つの約束
なまえは言わなくてもいい
切りたくなったら切っていい
ヒミツは守る
どんなことでもいっしょに考える
人気ブログランキング
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
NHK放送のお知らせ
全国連協からの連絡を転送します。

お世話になります。

全国学童保育連絡協議会で、学童保育の実施状況調査の結果をマスコミ等に発表しましたが、このたび、NHKテレビ「おはよう日本」のなかのニュースで、障害のある子どもの入所が増えていることや課題について取り上げてくれます。

○NHK総合テレビ(全国版)「おはよう日本」
○放送日 4月28日(日)
 ただ、「おはよう日本」は朝の5時から8時までの番組ですが、どの時間帯に放送されるのかはまだわかっていません。
○放送後、NHKのホームページのNHKテレビの「WEBNEWS」で動画で見ることができるそうです。

実態調査結果については、読売新聞、共同通信などが、掲載の予定ですが、まだ掲載日がわかっていません。わかりましたらお知らせします。

以上、お知らせでした。

…………………………………………………………
 全国学童保育連絡協議会
   〒113-0033 東京都文京区本郷 2-26-13
   TEL 03-3813-0477  FAX 03-3813-0765
   http://www2s.biglobe.ne.jp/~Gakudou
……………………………………………………………
第48回全国学童保育研究集会は岡山県で開催します!
2013年10月5日(土) 全体会・桃太郎アリーナ (岡山市)
    10月6日(日) 分科会・岡山大学 (岡山市)
| ニュース! | 06:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋市長選立候補予定者への学童保育施策問い合わせ結果
ご無沙汰しています。

名古屋市学童保育連絡協議会が3月末に名古屋市長あてに『2013年名古屋市長選へ向けての立候補予定者の学童保育施策への考え方』について質問状を送付し回答を得たとメール連絡がありました。ここに公開しますので、ご参考にしてください。

以下、メールより抜粋転載します。
毎回市長選の際に行っています、以前でいう「公開質問状」を、「施策問い合わせと要望」という形で、前回から行っています。
結果は、各学童保育所に送っていますが、要望がありましたので、メールでも送らさせていただきます。
学童保育施策が一歩でも進めばと思っています。

また選挙法改定により、客観的資料は、公示後も送ることができますのでお知り合いの方に、転送・拡散をお願いします。
※「○○さんに1票を!」のような文言が入っていると客観的資料になりませんので、その際は個人メールもしくは公示前という形で、ご注意ください。


【以下回答<回答順>】

☆柴田 民雄 候補

日頃から名古屋の子ども、保護者、地域の中で子どもの権利と成長を保障するために努力されることに敬意を表します。
さて、公開質問をいただきましたので、以下のように回答させていただきます。
近く発表の「柴田たみおの選挙公約」の中で、学童保育に対する考え方、市政の役割について以下のように明記します。

学童保育の全小学校区設置をめざし、土地の確保は市が責任を持ちます。
学童保育指導員の経験を評価し助成の充実をはかります

ぜひとも選挙公約全体をご覧いただき、ご紹介いただければと存じます。なお、学童保育分野の政策につきましては、みんなの市政号外「子どもたちの笑顔を守る!」で紹介しておりますので合わせてご覧ください。
また、お寄せいただきました「私たちの政策提案」及び、「現行の学童保育に関する要望」につきましても、しっかりと受け止めていく所存です。


☆藤沢 忠将 候補

日頃から学童保育連絡協議会の皆様には、 子どもたちの放課後の健全育成のため、大変ご尽力をいただいていることに敬意を申し上げます。
それでは、 アンケートに対する私の所信を中し述べます。

■ 政策提言に対する回答
名古屋市は地域で自主的に設置され運営をされている育成会に対し、運當助成制度により支援しています。
平成22年度以降、国の基準額改定に伴い、毎年助成金の基準額を〓額しているとともに、家賃補助や他都市にあまり例のない専用室の無償貸与など、独自の支援をいたしております。
いただいた政策提言については、真摯に受け止めさせていただくとともに、子どもたちの放課後に欠かすことのできない学童保育事業に、今後とも行政的な支援を行いたいと考えております。

■現行の学董保育に対する要望について
―成金の大幅アップ
本市では国の基準額に合わせた助成をおこなっております。どんな支援が可能か検討したいと考えております。
▲肇錺ぅ薀肇襦璽爐惑兒澆掘学童保育とトワイライトスクールを拡充してください。
平成25年度よりトワイライトルームとして本格実施するための予算を議決いたしたところです。
トワイライトスクールからルームへの移行につきましては、住民の理解を得られない限り移行はしない考えです。
トワイライトスクール、並びに学董保育については、今後も事業の充実に向け努力してまいります。
3愼己欅藥愼外の経験加給助成を新設してください。
国基準においても経験年数に応じた指導員の経験加給助成はありませんが、国の動向を注視するとともに、本市独自の加給制度ができないか、検討したいと思います。
い靴腓Δい児が2人以上になった場合、人数に応じて補助金を増額してください。また、補助金は常勤職員を配置できる額にしてください。
国の「しょうがい児受入」については、しょうがい児1人ごとではなく、1クラプあたりの助成をおこなっております。
しょうがい児の受入れによる人的配置の必要性は十分認識いたしておりますが、どんな支援が可能か検討してまいります。
コ愼己欅蕕魄兮事業にし、ある程度一括委託にしてください。
本市における学童保育は地域で自主的に運営され、柔軟な運営をされておられますので、その支援を精一杯おこなってまいります。


河村 たかし 候補(現市長)からは回答をいただいていません。




ーーーー以下、立候補予定者に送ったものです。

2013年3月29日
名古屋市学童保育連絡協議会会員各位
名古屋市学童保育連絡協議会
会長:塩谷 昇
2013年名古屋市長選へ向けての立候補予定者の学童保育施策への考え方


 2013年4月21日(日)に行われる、名古屋市市長選に向けて、3人の立候補予定者に学童保育施策のことを以下の通りうかがったところ、柴田候補と藤沢候補(回答順)から、お返事をいただきましたので、皆様にお知らせいたします。あわせて、柴田候補からは別紙で全世帯分のパンフもいただきましたので、ご参照ください。
 またこの配布物は、告示前は不特定多数の方に配布できますが、告示後は名古屋市学童保育連絡協議会関係者以外の人への配布は、場合によっては公職選挙法違反になる可能性がありますので、ご注意ください。

※名古屋市長選立候補予定者にうかがった内容は以下の通りです。

☆私たちの政策提案☆

1.学童保育所は、名古屋市が責任を持ち設置します。その際には学童保育を必要とする子ども(小学1年生〜6 年生)が全員入所できるよう、小学校区に1箇所以上設置します。設置する際には、子どもの視点と学童保育指導員の視点に立った施設をつくります。

【理由】
国はこれまで、様々な施策をつくり、少子化対策を推進しています。
2006年6月には「新しい少子化対策について」という新方針を打ち出しました。
そこには「放課後子どもプラン」の推進(学童保育所を1小学校区に最低1箇所で2万箇所の設置)が盛りこまれていました。2007年12月には、総合的な少子化対策である「重点戦略」を実現することが大きな課題として位置付けられ、ワーク・ライフ・バランスと少子化対策を「車の両輪」として推進していくことを説明しています。その中には、学童保育の利用児童を2012年までに今の倍にする目標が定められました。また、厚生労働大臣と内閣府少子化対策特命大臣は、2008年2月27日、「新待機児童ゼロ作戦」を推進していくと発表しました。「新待機児童ゼロ作戦」では、学童保育の利用児童数を10年間で現在の3倍の213万人とするとしています。「子ども・子育てプラン」に従い2012年度から5年間で46万人の利用児童数増を目標にすることも、国は言っています。
このように、学童保育は今の日本社会において、必要不可欠なものになっています。その施設整備は、自治体が責任を持たなければ進みません。
また、学童保育で子どもが生活する時間は1年間1600時間を超え、中には1800時間以上を学童保育で生活する子どももいます。現在のようなプレハブや、改良のない余裕教室のような施設では、生活にふさわしくありません。子どもの視点にたった施設が必要です。

2.学童保育の運営は、助成事業ではなく委託事業とします。
その際の委託費は、保護者が安心して働け、子どもが安心して安全に過ごせると共に成長を保障することが出来る、専門的知識と能力を持った学童保育指導員が配置できることを保障する額とします。
また、委託先は学童保育の実績のある団体とします。

【理由】
名古屋市ではこれまで民間が主体となって優れた保育実践の学童保育を行ってきました。今「名古屋の学童保育実践は日本一!」と胸をはって言えます。その保育実践に応えるべく保護者は1月平均約17,500円の保育料負担をしています。
そのために、学童保育を必要としながらも保育料が払えないということで、入所させられない家庭もあります。
今の学童保育の質を確保しながら、学童保育を必要とする子どもが入所できるには、その運営にふさわしい委託金が必要です。契約が有期である、指定管理者制度では、保育の質は確保できません。
また、委託をするときに、税金を投入する意味からも、営利目的を持った団体には委託しません。先行事例としては、埼玉県所沢市等があります。

★現行の学童保育に関する要望★

―成金の大幅アップを行ってください
名古屋市の学童保育への助成制度は、国の補助基準と同等となっています。子育てしやすい名古屋市として、国を上回る助成制度を願っています。
補助単価が、学童保育の運営にふさわしい額となっていない(一学童保育所の運営費は1,000万円を超えているが、補助は約400万円程度)ため、名古屋市の学童保育を利用する保育料は全国でも高額になっています。にもかかわらず、学童保育指導員の給与は一般企業と比べると低い水準であり、初任給16万5千円にも満たない学童保育所がたくさんあるのが現状です。

▲肇錺ぅ薀ぅ肇襦璽爐惑兒澆掘学童保育とトワイライトスクールを拡充して下さい
2013年4月から始まろうとしているトワイライトルームは、「学童保育の良いところを取り入れて行うので国の放課後児童健全育成事業(学童保育)に基づいた事業も行うことになる」としています。
しかし、私たちが培ってきた学童保育と照らし合わせると、継続した子ども集団でなく、専任の学童保育指導員がおらず、専用の学童保育室がないこの事業は、厚生労働省のいう『放課後児童健全育成事業(学童保育)』ではないと考えています。
そのような事業を『放課後児童健全育成事業(学童保育)』を行うとして、市が実施することは市民の誤解と混乱を招きます。
学童保育とトワイライトスクールのそれぞれの役割と目的が果たせる事業をそれぞれ拡充することが、子どものためと考えます。

3愼己欅藥愼外の経験加給助成を新設して下さい。
子どもが安心して安定した生活ができることと、保護者が安心して働き続けられる学童保育を実現するためには、学童保育指導員が専門性の一つとして経験を積むことが大変重要です。そのためには、経験を積んだ学童保育指導員の待遇を保障して、学童保育指導員が長く働き続けられるようにする制度が必要です。今の助成制度に経験加給はなく、保護者が高額ともいえる保育料を負担し、その保障をしています。しかし、保護者負担にも限界があります。経験加給を付けるなどして、補助単価を上げることが、子どもの命を守る学童保育施策を充実させる重要なことと考えます。

い靴腓Δい児が2人以上になった場合、人数に応じて補助金を増額して下さい。また、補助金は常勤指導員を配置できる額にして下さい。
「障害者自立支援法」で行われている児童デいサービスは1人単位での支給になっています。このことは、しょうがいのある子どもの場合、多くが個別対応が必要ということをあらわしています。
また、幼稚園でもしょうがいのある子どもが入園する毎に、子どものしょうがいにあわせ、加配等の措置を実施しています。
同じ子どもの施策でありながら学童保育の助成方法は、しょうがいのある子どもが1人以上何人いても同額です。また、常勤の指導員を配置できる単価ではありません。
 学童保育指導員の配置等、実態に合わせた助成を行うことが必要と考えます。

コ愼己欅蕕魄兮事業にし、ある程度一括委託にしてください
名古屋市の学童保育は、それぞれの事業所への補助事業ですので、それぞれが小さい事業体です。そこに働く学童保育指導員の有給休暇の保障など行おうとすると、人員の確保、その経費が必要となり、保護者の負担につながっています。
一定の一括委託にすると、学童保育指導員の適切な配置ができ、保護者も学童保育指導員も負担が軽減します。

以上
| ニュース! | 06:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
名古屋市学童保育連絡協議会からのお知らせ
名古屋市担当課との懇談の開催日時が決まりました。

日時: 9月5日(水)18:30〜20:30
場所: 名古屋市総合社会福祉会館(北区役所7階)

参加の予定と参加の呼びかけをお願いします。

#nagoya #gakudou
| ニュース! | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋市長選立候補者への要望書及びアンケート
名古屋市学童保育連絡協議会では、名古屋市長選立候補者に対して以下のような名古屋市市政政策に関する要望書の提出とアンケートのお願いをしたそうです。
一部の候補者よりの回答ともに情報が入りましたので以下に掲載します。
名古屋市長選挙へ挑む際の参考にしてください。
掲載の責はすぺーすのいどにあります。



2011年1月12日
名古屋市長選立候補者様
名古屋市学童保育連絡協議会

要望書 及び アンケート

【政策提案】

1.学童保育を必要とする小学生が全員入所できるようすべての小学校区に学童保育所を1箇所以上設置します。 施設の整備は名古屋市が行います。 既に開設されている学童保育所については、順次、市の設置する学童保育専用施設が利用できるようにします。

〈 理由 〉

一昨年の政権交代があった後も政府は、昨年1月に策定した「子ども・子育てビジョン」の中で「5年後に利用児童を30万人増やす」「放課後児童クラブガイドラインを踏まえて質の向上を図る」という目標を立て、学童保育の運営費への補助を大きく増額するなど、引き続き学童保育の拡充を進めています。

このような政府の姿勢を見るまでもなく、学童保育は今の日本社会において必要不可欠なものになっているにも関わらず、名古屋市では約3割の小学校区には学童保育が実施されていません。施設整備に市が消極的だったことが大きな原因です。これまでの姿勢を転換して、市が責任をもって施設整備を行うことが必要です。

学童保育で子どもが生活する時間は1年間1600時間を超え、中には1800時間以上になる子もいます。名古屋市が貸与しているプレハブや民家のような現在の施設では、学童保育にふさわしくありません。子どもの視点にたって学童保育専用施設を整備していかなければなりません。


2.学童保育事業は、助成事業ではなく、委託事業として行います。

〈 理由 〉

保育園同様に公的な性格をもつ学童保育は、市の直営か、直営に準ずる委託事業として行うべきだと考えます。

名古屋ではこれまで民間が主体となって優れた学童保育を行ってきました。

今「名古屋の学童保育実践は日本一!」と胸を張って言えます。その保育実践に応えるべく保護者は月平均約18,000円の保育料を負担をしています。

一方で、学童保育を必要としながらも保育料が払えないということで、入所させられない家庭もあります。

今の学童保育の質を担保しながら、学童保育を必要とする子どもが入所できるようにするには、市の責任が曖昧な助成事業ではなく、委託事業とする必要があります。

その際の委託費は、保護者が安心して働け、子どもが安心して安全に過ごせると共に成長発達を保障することができる、専門的知識と能力を持った学童保育指導員が配置できる額とすることが極めて重要です。

また、公費を投入する意味からも、営利目的を持った団体には委託しないようにします。




【現行の学童保育に関する要望】

―成事業の間は、助成金の大幅な増額・拡充を行ってください。

< 理由 >

2010年度から実施されている国基準での助成は、名古屋での学童保育の運営には不十分なものです。全国的に見ても高額な保育料を保護者が負担しながらも、施設はプレハブなどの貧弱な物に過ぎず、そこで働く学童保育指導員は、ほとんどが保育士や教諭の資格をもっているにもかかわらず、一般企業と比べると低い水準の待遇を強いられています。指導員の人件費を低額の時間給として積算する国基準での助成ではなく、少なくとも公立保育士専門職に準ずる賃金を保障できるような市独自の施策が必要です。

学童保育の負担軽減には、現在は助成がある家賃補助やひとり親家庭に対する保育料減免に対する助成の増額や、助成のない地代や施設改修などに対する助成の拡充も併せて必要となっています。


学童保育事業を助成事業ではなく、名古屋市で今まで培われてきた学童保育が 継続・発展できる形での公営化もしくは市の責任をはっきりとした委託事業としてください。
また、施策を変更する際には、学童保育関係者と協議の上で決定してください。


< 理由 >

名古屋市の学童保育は、それぞれが小さい事業体で実施されています。余裕のないギリギリの人員体制であるため、職員(学童保育指導員)の休暇保障などを行うために必要な人員の確保や経費は、保護者の負担に直結しています。

各事業所への助成ではなく、名古屋市の公営にするか、委託にして下さい。(委託事業については、「政策提案2」をご参照願います)

委託事業にする時には、当事者(学童保育を利用している子どもの保護者、学童保育指導員、名古屋市学童保育連絡協議会等)を含めた協議を行い実施することが、施策の拡充につながります。


3愼己欅蕕実質行われていない現行の名古屋市放課後子どもプランモデル事業はすみやかに終了し、学童保育とトワイライトスクールそれぞれの事業として推進してください。

< 理由 >

市民の必要としているのが、内容を伴わないモデル事業ではなく学童保育であることは、モデル事業の実施状況を見れば明らかです。モデル事業は、多額の公費が投入されながら、学童保育が実質行われないばかりか、現行のトワイライトスクールの拡充にもなっていません。




【回答<回答順>】2011年1月21日現在


☆八田ひろ子候補

学童保育については、名古屋市が責任を持って学童保育施策を実施し、すべての小学校区に学童保育所を設置していきます。学童保育への予算を大幅に増額します。したがって、貴会の政策提案、要望には賛成です。

学童保育を助成事業でなく委託事業として行うことも賛成です。

名古屋市放課後子どもプランモデル事業についても、貴会の要望にあるように、学童保育とトワイライトスクールをそれぞれの事業目的に沿って実施するようにします。


☆杉山均候補

放課後の子供たちを守り育てる、大事な役割を担って下さっている皆様の貢献活動に大きな敬意をもっています。子供たちは勿論のこと親御さんにとっても、学童保育は大変重要なものだと捉えています。

貴会のご要望・ご提案は尤もなことと受け止めて、大きく賛同する私であり、名古屋市として責任ある市政をとって行くべきだと考えます。

他候補からは回答が現在のところ来ていません。




以上で掲載は終わりです。
| ニュース! | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛知県知事選挙 立候補予定の皆さんへ学童保育施策についてのアンケートを実施
以下、愛知学童保育連絡協議会HPより転載

愛知学童保育連絡協議会では愛知県知事選挙(平成23年1月20日告示、2月6日投票)に際し、各候補者へ公開質問状を送り、ご回答を頂戴しましたのでお知らせ致します。
告示後は公開を停止する可能性がありますので、早めにご覧下さい。
平成22年12月  アンケート送付  質問内容
PDF
回答者(到着順) ご回答
御園慎一郎さん PDF
土井敏彦さん PDF
しげとく和彦さん PDF
大村秀章さん
PDF
| ニュース! | 22:13 | comments(3) | trackbacks(0) |
有期実習型訓練 平成22年後期日程 事前説明会 ご案内
市連協より題記の件の案内が来たので以下に転載します。

有期実習型訓練の平成22年後期日程について、事前説明会を6月30日に実施いたします。
事前説明会に参加される場合は、事前に申し込み(電話もしくはFAX)をお願いいたします。
その際、『学童保育所名』『当日の参加人数』をお知らせください。

これからの学童保育所の運営に少しでもお役に立てればという試みで、今年4月から実施し、現在14名の指導員が訓練を行っております。
まずは、説明会にご参加いただき、どのようなシステムでどのようなことが行われているのかを、知っていただければと思います。
以上よろしくお願いいたします。


名古屋市学童保育連絡協議会
特定非営利活動法人なごやっこ
〒456-0006 愛知県名古屋市熱田区沢下町9-7
労働会館東館保育センター内
TEL:052−872−1972
FAX:052−872−1974
E-mail:nagoya−gakudou@bea.hi−ho.ne.jp

▼詳細はこちら
続きを読む >>
| ニュース! | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
名古屋の学童保育助成制度が変わります。
すぺーすのいどです。
「ニュース!」というには余りにも遅く、もう詳細をご存じの方も多いと思いますが、とりあえず残すという意味で・・・

名古屋市学童保育連絡協議会のHPにも掲載されている内容

対象児童が6年生まで、単価が国基準で計算します。
児童数(人)国の22年度基準額(案)名古屋市上限予算
10〜191,041,0001,873,000
20〜351,885,0002,717,000
36〜453,026,0003,858,000
46〜552,873,0003,705,000
56〜702,719,0003,551,000
71〜2,566,0003,398,000

以下は算出根拠の予想です。

1.国基準は250日開設です。251日開設から1日13,000円が補助されます。上限が300日ですので13,000円×50 日=650,000円

2.長時間加算というものが別個にあり、土曜日や長期休業中に1日8時間以上開設していれば1時間につき91,000円でます。名古屋市の上限予算と国の基準額の差が832,000円なので、832,000円−650,000円=182,000円÷91,000円=2となります。現状の要項は 9:00〜18:00なので9時間で1時間分しかありません。予想ですが、モデル事業が19時まで開設していますので、9:00〜19:00とすると、上記の上限の単価になります。

3.土曜日開設時間延長の時もそうでしたが、開設してないと減額ということになれば、18時までしか開設してない学童保育所は上記から−91,000円と予想されます。また、開設 日も年間299日なら−13,000円という形で、1日減るごとに−13,000円ということが考えられます。

4.家賃補助や、物件費等が上記の金額に含まれているかどうかは全く不明です。

▲転載は以上です。

▼以下はうちの学童の会長がわかりやすくした表です。ご参考。
| ニュース! | 23:01 | comments(3) | trackbacks(0) |
名古屋市学童保育連絡協議会の要望と候補者からの回答
以下、市連協資料より全転載です。

各学童保育所御中
2009 年名古屋市長選に関する取り組み

名古屋市学童保育連絡協議会では、4 月の市長選に際し、学童保育の施策の拡充を願い、以下の要望を当時判明していた3 候補に送りました。
全員の返事を待っていましたが、公示が10 日後に迫りましたので、広報させていただきますので、ご一読ください。

※名古屋市学童保育連絡協議会の要望

2009 年3 月14 日

名古屋市長候補者様
名古屋市学童保育連絡協議会
会長塩谷昇
〒456-0006 名古屋市熱田区沢下町9-7-308
TEL:052-872-1972 FAX:872-1974


拝啓
春陽の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、このたびは名古屋市長選への立候補を表明され、ご多忙のこととご拝察申し上げます。
さて、私たち名古屋市学童保育連絡協議会は、名古屋市長選挙が行われるごとに、候補者の方の学童保育に対する考え方をお聞きしています。候補者の方のご回答は保護者・指導員を始めとし学童保育に関係者約1 万人に、そのまま公開させて頂いてきました。
昨今の選挙では、マニフェストによる政策提案がされています。私たちとしては、学童保育の拡充をマニフェストに載せて頂くことを望んでいます。マニフェストに載せて頂ければ、その旨を学童保育関係者に周知いたします。
また、後段には現状の学童保育施策改善について要望させていただきました。
ご多用中誠に恐縮ではございますが、以下の「☆私たちの政策提案☆」「★現行の学童保育に関する要望★」に対して、どのような考えをお持ちかお返事下さいますようお願いいたします。ご回答を3 月20 日までにいただければ、学童保育関係者に周知させていただきます。
敬具


☆私たちの政策提案☆

1.学童保育所は、名古屋市が責任を持ち、学童保育を必要とする子ども(小学1 年生〜 6年生)が全員入所できるよう、小学校区に1 箇所以上設置します。設置する際には、子どもの視点と学童保育指導員の視点に立った施設をつくります。
【理由】国はこれまで、1994 年から3 度にわたって少子化対策プランを策定し、二つの法律をつくり、少子化対策を推進してきました。2006 年6 月には「新しい少子化対策について」という新方針を打ち出しました。そこには「放課後子どもプラン」の推進(学童保育所を1 小学校区に最低1箇所で2 万箇所の設置)が盛りこまれていました。2007 年12 月には、総合的な少子化対策である「重点戦略」を実現することが大きな課題として位置付けられ、ワーク・ライフ・バランスと少子化対策を「車の両輪」として推進していくことを説明しています。その中には、学童保育の利用児童を2012 年までに今の倍にする目標が定められました。また、厚生労働大臣と内閣府少子化対策特命大臣は、2008 年2 月27 日、「新待機児童ゼロ作戦」を推進していくと発表しました。「新待機児童ゼロ作戦」では、学童保育の利用児童数を10 年間で現在の3 倍の213 万人とするとしています。このように、学童保育は今の日本社会において、必要不可欠なものになっています。その施設整備は、自治体が責任を持たなければ進みません。また、学童保育で子どもが生活する時間は1 年間1600 時間を超え、中には1800時間以上を学童保育で生活する子どももいます。現在のようなプレハブや、改良のない余裕教室のような施設では、生活にふさわしくありません。子どもの視点にたっ2た施設が必要です。

2.学童保育の運営は、助成事業ではなく委託事業とします。その際の委託費は、保護者が安心して働け、子どもが安心して安全に過ごせると共に成長を保障することが出来る、専門的知識と能力を持った学童保育指導員が配置できることを保障する額とします。また、委託先は学童保育の実績のある団体とします。【理由】名古屋ではこれまで民間が主体となって優れた保育実践の学童保育を行ってきました。今「名古屋の学童保育実践は日本一!」と胸をはって言えます。その保育実践に応えるべく保護者は1 月平均17,500 円の保育料負担をしています。そのために、学童保育を必要としながらも保育料が払えないということで、入所させられない家庭もあります。今の学童保育の質を担保しながら、学童保育を必要とする子どもが入所できるには、その運営にふさわしい委託金が必要です。また、委託をするときに、税金を投入する意味からも、営利目的を持った団体には委託しません。先行事例としては、埼玉県所沢市があり、一括委託をNPOが受けています。

★現行の学童保育に関する要望★

―成金の大幅アップを行ってください
名古屋の学童保育への助成制度は、2009 年度国の補助基準を一部下回ることになります。子育てしやすい名古屋市として、国を上回る助成制度を願っています。補助単価(現行時給907 円で午後1 時から午後5 時。午後5 時から6 時は20 人以上の学童保育所でも1 人分の単価で補助。長期休み以外の土曜日は午後1 時からの補助。)が、学童保育の運営にふさわしい額となっていないため、名古屋市の学童保育を利用する保育料は全国でも高額になっています。にもかかわらず、学童保育指導員の給与は一般企業と比べると低い水準であり、初任給16 万5 千円にも満たない学童保育所がたくさんあるのが現状です。

⊇成対象を小学1 年生〜 6 年生にしてください
現状の対象児童は、「3 年生まで。ただし、しょうがいのある子どもは6 年生まで」となっています。子どもを取り巻く環境が悪くなる中で、高学年の保育要求は増えています。名古屋市の民間学童保育所は、自助努力により6 年生までを受け入れており、多くの高学年の子どもが生活をしています。現に国は、学童保育の実施要綱の中で「小学校4 年生以上の児童も加えることができるものである。」としており、愛知県も高学年を国へ助成金申請しています。

L掌轍飴塋課後子どもプランモデル事業は、廃止して下さい
2009 年4 月から始まろうとしている名古屋市放課後子どもプランモデル事業は、「学童保育の良いところを取り入れて行うので国の放課後児童健全育成事業(学童保育)に基づいた事業も行うことになる」としています。しかし、継続した子ども集団でなく、専任の学童保育指導員がおらず、専用の学童保育室がないこの事業は、厚生労働省のいう『放課後児童健全育成事業(学童保育)』ではないと考えています。そのような事業を『放課後児童健全育成事業(学童保育)』を行うとして、市が実施することは市民の誤解と混乱を招きます。学童保育とトワイライトスクールのそれぞれの役割と目的が果たせる事業をそれぞれ拡充することが、子どものためと考えます。

こ愼己欅蕕魄兮事業にし、ある程度一括委託にしてください
名古屋市の学童保育は、それぞれの事業所への補助事業ですので、それぞれが小さい事業体です。そこに働く学童保育指導員の有給休暇の保障など行おうとすると、人員の確保、その経費が必要となり、保護者の負担につながっています。一定の一括委託にすると、学童保育指導員の適切な配置ができ、保護者も学童保育指導員も負担が軽減します。

※以下各候補者の対応

2009 年3月19 日

名古屋市学童保育連絡協議会
会長塩谷昇様
名古屋・革新市政の会
太田よしろう

貴職におかれましては、日頃から地域で子どもたちを育てる大切な役割を担って活動してみえることに敬意を表します。今回は、学童保育に対する貴重な提言をいただいたことに御礼を申し上げます。
早速ですが、今回いただいた提言と要望に対する太田よしろうの政策を述べさせていただきます。
私は、学童で育った子どもは、自主性・集団性などの面ですぐれていると常々思っています。今日の子どもたちを取りまく状況のなかでは、異年齢集団の生活を通じて育ちあっていく場、保護者が働きながら子育てをしていく場としての学童保育の意義はいっそう重要であると思います。
私は、3月6日に「太田よしろうの名古屋を変えるマニフェスト(第1次案)」を発表しました。今後、市民のみなさまの意見をお聞きしながらさらに発展させていきたいと考えています。これからもよろしくお願いします。
そのうえで、3月12 日付でいただきました政策提案と要望に対して、<別記1>のとおり回答させていただきます。さらに、今回のいただきました政策提案をふまえ、「太田よしろうマニフェスト」を<別記2>のとおり補強させていただきます。
敬具


◎政策提案に対する太田候補回答◎

名古屋市の学童保育は、父母と指導員、地域が一緒になってつくりあげてきたすばらしい財産と考えます。地域にとっては、学童保育があることによって安心して子どもたちを育てることができています。しかし、子どもたちを取りまく状況は厳しくなっており、学童保育の必要性は一層強まっていると考えます。
学童保育については、父母、指導員、地域でつくられてきたものをいかした条例を制定し、公的に支える制度とすることが求められています。土地、建物などは、市が責任をもって確保。助成金は、保護者負担の大幅な軽減と指導員の賃金の大幅な改善ができるよう増額。長時間や土曜日、夏冬などの学校が休みの期間、児童数による助成基準の改善。保護者の負担が月額5千円以内に収まるようにすることが必要と考えます。保育を必要とする全ての小学生を助成対象とし、全員入所できるように、すべての小学校区に一ヵ所以上設置することが必要と考えます。
以上の改善をすすめることが当面必要と考えます。そのうえで、学童保育の運営に関わる点について考え方を述べさせていただきます。提案のなかにあります、「委託費」は、「保護者が安心して働け、子どもが安心して安全に過ごせると共に成長を保障することができる、専門的知識と能力を持った学童保育指導員が配置できることを保障する額」とあります。
「委託費」か「助成費」かは別にして、記載のとおりの「保障する額」を名古屋市が責任をもつことが必要と考えます。
そのうえで、「委託」という制度についての評価をさせていただきます。名古屋市がこの間すすめている委託や指定管理者制度の実施には、コスト削減が最優先、委託先が変えられる仕組みになっています。これは、法律とそれに基づく条例などによってつくられています。その結果、落札した企業や団体に働く労働者の賃金が下げられ、事業運営の質が落とされるなどの問題が生じています。NPO のなかにも「行政の仕事を下請させられている」という意見を言われる団体もあるとお聞きしています。また、公立保育園の廃園・民営化の動きが多くの父母に怒りを呼んでいます。
したがって、学童保育の運営を安定的に継続できる方法は、慎重に検討することが求められていると考えます。
私は、公契約条例の制定や総合入札制度の導入などが考えられると考えています。当面、学童保育については先に述べましたとおり助成制度の抜本的な改善を急いで実施することが必要と考えます。
「名古屋の学童保育実践は日本一」と言われる内容を維持・発展させるために、名古屋市学童保育連絡協議会のみなさまとご一緒に取り組まさせていただきます。

★現行の学童保育に関する要望★

―成金の大幅アップを行ってください

◎太田候補回答◎
土地、建物などは、市が責任をもって確保。助成金は、保護者負担の大幅な軽減と指導員の給料の大幅な改善ができるよう増額。長時間や土曜日、夏冬などの学校が休みの期間、児童数による助成基準の改善。保護者の負担が月額5千円以内に収まるようにすることが必要と考えます。

⊇成対象を小学1 年生〜 6 年生にしてください

◎太田候補回答◎
助成制度は、直ちに保育を必要とする全ての小学生を助成対象とし、全員入所できるように、すべての小学校区に一ヵ所以上設置することが必要と考えます。

L掌轍飴塋課後子どもプランモデル事業は、廃止して下さい

◎太田候補回答◎
「名古屋市放課後子どもプランモデル事業」は廃止します。4月に開設される学区については、,鉢△硫善を行うなかで、父母や関係者の皆様と協議のうえで廃止につなげます。

こ愼己欅蕕魄兮事業にし、ある程度一括委託にしてください

◎太田候補回答◎
「政策提案に関わって」でも述べましたが、名古屋市がこの間すすめている委託や指定管理者制度の実施には、コスト削減が最優先、委託先が変えられる仕組みになっています。
これは、法律とそれに基づく条例などによってつくられています。落札した企業や団体に働く労働者の賃金が下げられ、事業運営の質が落とされるなどの問題が生じています。
したがって、学童保育運営を安定的に継続できる運営方法は、慎重に検討することが求められていると考えます。
公契約条例の制定や総合入札制度の導入などが考えられますが、いずれにしましても、当面は、,鉢△砲かげました改善を急いで実施します。


◎河村たかし名古屋市長候補者からの回答◎

名古屋市学童保育連絡協議会の要望書に対する返事
2009 年4 月2 日
学童保育とトワイライトスクールを一元化し、実施に際しては、競争を通じて適切な民間団体に委託する。


◎細川まさひこ名古屋市長候補者からの回答◎

名古屋市学童保育連絡協議会の要望書に対する返事は、3 月27 日に「もう少し待って欲しい。」と連絡があり、4 月2 日現在返事が届いていません。


転載は以上です。
| ニュース! | 22:23 | comments(7) | trackbacks(1) |
1月24日は「学童保育の日」
ご無沙汰しています。
すぺーすのいどです。

なかなか、どうして、エントリできないでいます。
「名古屋市放課後プラン」オンリーという自分にかけた足枷が厳しいですね。(>_<)

先日もお知らせしましたが、今週末の24日に「イオン熱田ショッピングセンター」で市連協の街宣イベントが開催されます。

20090124イオン街宣
▲クリックで大きいサイズになります。

上のチラシにも書いていますが、是非みんな誘い合って「賑やかし」にいきましょう!

大きな地図で見る
| ニュース! | 21:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |