TWITTER
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
AUTHOR PROFILE
SEARCH THIS SITE.
LINKS
一緒にこのブログを創ってくれる人募集中!
チャイルドライン
チャイルドラインバナー

4つの約束
なまえは言わなくてもいい
切りたくなったら切っていい
ヒミツは守る
どんなことでもいっしょに考える
人気ブログランキング
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ブログ記事「モデル事業の現場から」の紹介 | main | 市連協メール転載「6/10 中日新聞」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
河村市長が動き始めた!
すぺーすのいどです。
河村新市長が放課後プラン関連で動き始めました。

5/21 毎日新聞「河村・名古屋市長:放課後子どもプラン「民間参入できる体制も」」
 名古屋市の河村たかし市長は20日、「放課後子どもプラン」のモデル校になっている市立弥富小学校(同市瑞穂区)を視察した。
 河村市長は担当者から説明を受けた後、児童たちが放課後を過ごす教室を訪れ、バウムクーヘンやヨーグルトなどのおやつを一緒に食べた。市長は「環境もいいし、脱脂粉乳だった時代とは違う」と話した。市の外郭団体・市教育スポーツ振興事業団に運営を委託しており、視察を終えた河村市長は「民間も参入できるような体制を考える必要があるのではないか」と述べた。
 放課後子どもプランは、少子化に伴う空き教室を活用するために国が提唱した。全児童が対象で、名古屋市では空き教室を使って無料で児童を預かる「トワイライトスクール」と、学童保育双方のメリットを取り込んで一体化させるとして市内8校でモデル事業を実施している。通常の授業終了後から午後5時までは無料で、5時以降は月額5000円。事業の今年度の総予算は約1億8000万円。


5/21 中日新聞 河村たかし市長も一緒におやつ
 河村たかし市長は20日、瑞穂区の弥富小学校を訪れ、市内小学校8校で4月からモデル事業が始まった「放課後子どもプラン」の現場を視察。「みんなが参画できる環境を整えたい」と述べ、外郭団体に一括で委託している現在の方法を見直し、民間参入を促す考えを示した。
 小学1−3年の児童13人とおやつを一緒に食べた河村市長。視察を終え、報道陣の取材に応じた。プランの意義を認めながらも「問題は誰がやるか。事業団だけがやるのはおかしい」と、教員OBが多い市教育スポーツ振興事業団への委託に疑問を呈した。
 放課後子どもプランでは、全児童を対象に夕方まで校内で過ごせる「トワイライトスクール」と、留守家庭児童向けの「学童保育」を一本化する。午後5時以降を有料化したほか、現場責任者を教員OBに限定し、保護者が中心となって運営している学童保育が事実上閉鎖に追い込まれるため反発が大きい。
 河村市長は「学童保育の人たちが参画できるようにしないとフェアじゃない。地域の老人会でもいいし、塾が経営してもいい。競争性を持たせるのは当たり前」と語った。市長はマニフェストでも「競争を通じて適切な民間団体に委託する」としている。
 モデル事業は当初16校の予定だったが、8校でスタートし、9月から8校増やす方針。同事業団に約1億円で委託し、1校あたり約1250万円で運営している。


5/21 メ〜テレ どですか!
▽河村市長が小学校を訪問


その他、5/21 朝日新聞、5/21 読売新聞にも記事がでたようです。WEBには上がってないようですけど。参考


名古屋市連協は河村市長が民間委託を実行した場合の受け皿として、NPO法人の立ち上げ準備を開始したようです。
今後は河村市長に対して、現状施策の拡充の要望をお願いしつつ、どうしても外部委託するならば実績のある学童の集まりである市連協NPOへの委託を推進していくようです。


河村市長「本人」は市民ひとりひとりの声に耳を傾けてくれるでしょうか?
みなさん、試してみませんか?

名古屋市のHP上には市長に直接ものを言うメールアドレスはなさそうでしたので、市役所の市長室宛に直接手紙を送るとか、河村たかしのHPにあったメールアドレスに送るとか、事務所に直接手紙を送るとか、Faxを送るとか・・・

イタズラはダメですよ!丁寧に意見を届けてみましょう!

本人」は、きっと耳を傾けてくれるはずです。
きっと・・・
| すぺーすのいど | 00:26 | comments(13) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - |
コメント
>名古屋市連協は河村市長が民間委託を実行した場合の受け皿として、NPO法人の立ち上げ準備を開始したようです。

おお、そうですか、すごいですね。
天下り確保のためのネタとしての、子どもたちの放課後利用って路線が断ち切れることを願ってやみません。
ただ、現実の添うためのNPO市連協という英断を支持しますが、大切なことを確認しなければでないといけませんね。
dr.stonefly | 2009/05/23 9:21 AM |
dr.stoneflyさん、どーも。(^^♪

>ただ、現実の添うためのNPO市連協という英断を支持しますが、大切なことを確認しなければでないといけませんね。

その通りですね。
NPO法人を作ったから何とかなる、ってもんでもないです。
そこに各区連協、そして現場の学童がついてこないと何の意味もないですから。(>_<)
先日行われた我が区の区連協の定例会でも、委託先としての市連協NPOへの合流の準備を平行して進めていく方針が確認されれました。

市連協が行政に訴えるの母体としての法人化は、実は以前より構想していたようです。
今回の市長変更で、委託受け皿の意味も加えて現実化したようですね。
▲ すぺーすのいど | 2009/05/23 11:29 AM |
市連協がモデル事業参入のため、NPO法人の立ち上げを準備中ですか...
これまでの「これは学童ではない!」と運動、主張してきた根本が崩れてしまうようで、頭の中が大変混乱しています。
親はともかく、子どもたちと指導員のために、いっそ内部から変えていこうということでしょうか?行政に対する牽制なら理解できますが、少なからず危うさを感じています。
▲ おしだき | 2009/05/25 6:19 PM |
おしだきさん、こんばんは。

>主張してきた根本が崩れてしまうようで、頭の中が大変混乱しています。

おっしゃることは解ります。
市連協も決して主張の根本を崩そうとしているわけじゃないのですが、過去最高の50万票を超えた河村さんには今勢いがあって、あのノリでいつどう出てくるかわからないし、いざ民間委託するぞ!って時に、私たち学童保育関係者が手も足も出せずに奪われるのを待つしかない、なんてことにならないための行動だと思っています。

その基礎はやはり昨年度に本格始動した「なごやっ子の放課後を考える会」でしょうか。
市連協が中心に設立した会ですが、全児童施策と学童保育を区別せずに「豊かな放課後とは?」を考えてきました。

必要な福祉や教育を必要な児童に提供できるような事業を、学童関係者なら作れるかもしれませんね。
すくなくとも他の事業者よりは子どもに沿った事業ができると思います。
▲ すぺーすのいど | 2009/05/25 9:47 PM |

うーむ。ワタシもすぺーすのいどさんが言うよう勝手に消化してしまい、NPO市連協が「子どもの放課後施策」の運営主体となり、現放課後プランを全面的に改良し、子ども、指導員、親の思いを満たすものだと決めてつけていたが、それはあくまでワタシの憶測の消化であり、おしだきさんの言う事はワタシがTBしたこと以前の問題で最初に解決しなければならないとこです。

現状の「放課後プラン」は学童ではない、ということで反対を表明してきたことを考えると、方針を180度変えることになり、この方針転換をトップダウンでしていいのか? また、トップダウンで理解が得られるのか? 疑問に思います。
やはり、「根本」であり議論しなければならないことでしょう。時間がないことは解ってますが……。

以前、ワタシも市連協と噛み合なかったことがありますが、市連協は「学童保育所」の連絡協議会で、全児童のことを考える団体ではない。、、、と認識されているのではないでしょうか。「なごやっ子の放課後を考える会」と市連協の関係、趣旨、意図が、現状多くの学童保育所の親に理解されているとは思いがたい。
市連協が学童保育所だけでなく、全ての子どものことを考え、理念だけでなく「実際に動いている」という認識がある親はほぼ皆無。それが一足飛びに全児童施策の運営主体になる、、となると、混乱するのも当然。

学童保育所に対する知識も理解も一元化の経験もあるおしだきさんが混乱しているという事実は、そうとうな課題だと受け止めるべきでしょう。

NPO市連協が指名獲得に乗り出すことに、市連協の言葉で説明されている文書はあるのでしょうか?
(もし正式に声明を出してなければ、市長へのメール(FAX)要請は時期尚早かもしれません。今は方針を転換してnpo法人として指名獲得を目指すこのことの意見を出し合う方がこのブログの役回りかもしれません)


▲ dr.stonefly | 2009/05/26 1:17 AM |
私の稚拙な文章が誤解を招いていますね。
すいません。m(_ _)m

市連協は決して一体化モデル事業を良しとしたわけではありません。

今まで通り、一体化はせずに、それぞれの事業の拡充を要望していくでしょう。
しかし、河村さんがいつ頃、どう動くかなんか、誰にも解らないから、もし「民間委託だ〜!」と言い出した時に、慌てふためいて法人化と組織化してては遅すぎる、だから今から…なんだと思います。

それから、上で私が河村さんに進言しよう!と言っているのは、当然、子ども施策の拡充、一体化モデル事業の問題点、学童保育の必要性…をみんなでよってたかって、河村さんに教えてあげようよ!って事です。

福祉は企業の利益の為で無く、人間相互利益のためにみんなで協力して実施していかないと失敗するよ〜♪とかね。(^-^)
▲ すぺーすのいど | 2009/05/26 1:15 PM |
モデル事業の運営委託先が、天下り団体であれ、YMCAのような民間企業であれ、民間保育園のグループであれ、高齢者養護ホーム系列であれ、はたまた学童関係者によるNPO法人であっても、やはりそこは根本でないと感じます。

それが「学童保育の質の確保」となりうるのか?

改めて深く考えています。
▲ おしだき | 2009/05/26 7:13 PM |
おしだきさん、こんばんは。

市連協や私たちの努力にも関わらず、名古屋市が現状のような「学童保育の質の確保」がまったく出来ない内容での、一体化モデル事業及び本事業の民間委託を実行することになったとして、それを市連協NPOで無理矢理に委託を受けるようにすることは愚かな行為ではないか?と私も思います。

しかし、スポ振がやるよりは、子どもにとって少しでもマシな事業が出来る余地があるなら、市連協NPOを受け皿に私たちがやっても良いのかな・・・とも思います。

これは私の私見で、市連協の意見はしりませんが・・・
▲ すぺーすのいど | 2009/05/26 11:00 PM |
>名古屋市が、現状のような「学童保育の質の確保」が出来ない内容での...

これこそ誤解を産む言い回しでした。今回の市連協が画策する、モデル事業参入に対しての、言葉のつもりでした。回りくどくなり申し訳ないです。

Dr.さんの「大切なことを確認しなければでないといけませんね。」の短い言葉がすべてと感じます。
▲ おしだき | 2009/05/27 12:57 AM |
ご周知かもしれませんが、名古屋市港区にあります「中川学童」さんのサイトに、実際にスタートする直前の資料ですが、モデル事業の児童登録数などがUPされていました。(蛇足ですが、市連協のサイトはしばらく更新されてないようですネ)

ここなら成功する!と、名古屋市が選りすぐった8校でありますが、5時以降の登録数が、全学年で一桁のところが2校あります。20名以上も2校ありますが、あくまで登録数ですので、実参加数はその半分程度かもしれませんし、学童でもそうですが、年度が進むにつれ少しづつ人数は減っていくものと予想します。

利用する家庭にとって、学童とトワが一体化したというより、トワの延長が有料に変わってしまったという認識が、多くの家庭にあるのではと感じます。

ここ半年ぐらいのエントリーを、何度も読み返しました。家庭の事情から学童に行けず、トワに行く子どもたち。そして突然月5,000円となったため、どこにも居れなくなった子どもたち。選択制とうたいながら選べる余地もなく...。

私個人の勝手な意見で申し訳ないのですが、「なごやっ子の放課後を考える会」こそNPO法人にて参画するべきと感じます。また実は、そのように動いているのかもしれませんが。
▲ おしだき | 2009/05/28 6:52 PM |
おしだきさん、こんばんは!
いつも応援ありがとうございます。

放課後子どもプラン参加申込数並びに選択事業登録数
http://lovekids-dream.com/_userdata/hkp_2

は知りませんでした。
港区連協の資料の様でしたので、うちの次回の区連協でも配布があるのかな?

河村さんが行った、瑞穂区の弥富小学校だけが突出してトワの参加人数が多いですが、選択登録児童は最高でないというのが面白いですね。
▲ すぺーすのいど | 2009/05/28 11:25 PM |
門外漢ながら毎号拝見。がんもどきは鶏肉のガンもどき。わたしは学もどき。よろしく。いじけることより。未来の子ども。どうするか。第一、学童との「一元化」よりトワイライトは学校との一元化をしてちょう。運動場であそ場せてちょ。お熱でたら保健室で休みたい。勉強は自習室つくって。
図書室で読書。家庭科室でおやつ作り。全て子どものためだぎゃ。やっぱり学校では教育的にきちんと対応してもらいましょう。どこかできちんとやっている。国家や、地方があるはず。名古屋だって。名古屋名物モーニングサービスとトワイライトだけでにゃはずで、ここできちんと子ども対策後略
▲ 学もどき | 2009/05/29 11:25 PM |
学もどきさん、こんばんは!
レス遅くてすいませんm(__)m

更新頻度もいまひとつのこのサイト、毎度チェックして頂き感謝感激です!

>学童との「一元化」よりトワイライトは学校との一元化をしてちょう。

なるほど。それもひとつのトワのあり方としては良いかもしれないですね。

>名古屋名物モーニングサービスとトワイライト・・・

トワイライトって名古屋名物だったんだぁ〜(笑)
▲ すぺーすのいど | 2009/06/02 10:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nagoya-gakudo.jugem.jp/trackback/33
トラックバック
「学童保育は市場原理に添うか」…いじけながらも言わさせて貰います
 実はいま、学童関係のことで、ちょいといじけている。  いじけている自分、ってのが如何にもガキだったり、進展性のない愚痴、もしくはコミュニケーション不足の誤解だったりするという認識はあるのでオノレの胸にしまっておけばいいうえに、学童を辞めた今いじける
| dr.stoneflyの戯れ言 | 2009/05/25 3:40 PM |