TWITTER
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
AUTHOR PROFILE
SEARCH THIS SITE.
LINKS
一緒にこのブログを創ってくれる人募集中!
チャイルドライン
チャイルドラインバナー

4つの約束
なまえは言わなくてもいい
切りたくなったら切っていい
ヒミツは守る
どんなことでもいっしょに考える
人気ブログランキング
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 「子ども・子育て新システム」に反対する12.18クリスマスアピール | main | 新システムをぶっとばせ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
弁護士寺町東子氏ブログ紹介「子ども・子育て新システムについて思うこと」
弁護士寺町東子が行く』というブログ記事の紹介です。
この記事の存在は寺町東子さんのツイートで知りました。

寺町東子氏は私もブログのプロフィール程度の知識しかありませんが、東京を中心に保育事故等の弁護をされているようです。
寺町東子氏も拡散を希望しているはずと勝手に解釈し、ブログ内の内容を部分的に抜粋して紹介します。
すいません。問題あれば連絡ください。

なかなか解り難い「子ども・子育て新システム」についての情報です。
ぜひ実際にリンク先で全文を確認してください。

子ども・子育て新システムについて思うこと・その1〜「子ども」という紐付き〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-11-27

・・・より積極的に支持できる面としては、「地方一括交付金」から「子ども予算」を守り、「子ども」というキーワードで紐付きにできることだろう。・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その2〜介護保険型の「利用者補助方式」への疑問 Α嵳彿欷郢童」はどこへ〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-11-27-1

・・・介護保険型の利用者直接契約・利用者補助制度では、「すべての子ども」が排除されない制度とすることは極めて困難である。自治体と事業者との間の委託契約を前提とした現物給付制度を維持すべきである。・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その3〜介護保険型の「利用者補助方式」への疑問◆Ω定価格と自由価格〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04

・・・「公定価格」を原則としつつも、入学金や保育料、体操・音楽などの課外活動の実費(体操や音楽のような基本的な活動までもが【課外】活動という位置づけにビックリ!!)は「自由価格」として上乗せ可能だという。
このシステムでは、親にお金がある子どもと、親にお金がない子どもは、別々の幼稚園・保育園・子ども園に通うことになるのは決定的だろう。・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その4〜介護保険型の「利用者補助方式」への疑問・「指定制」と指導監督権限〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04-1

・・・「指定制」への懸念 指定制によって・・・参入する「多様な事業者」・・・実際には・・・20年で21人死亡事故を起こす業者・・・死亡事故のリピーター事業者はかなりの数、存在する。・・・子ども放置の劣悪事業者を、どうやって排除するのかが、重大な課題である。・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その5〜介護保険型の「利用者補助方式」への疑問ぁΑ崢樟楫戚鵝廚良蘆粥
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04-2

・・・地方自治体が、保育施設の質への監視に手が回らない、にもかかわらず、予告調査の結果のみで「適合施設」の○をHPに載せている、となると、待機児童の親は、どうやって自衛したらいいのだろう。・・・自分の目で確かめる余裕(リテラシー、眼力、時間、お金)のない親の子どもは、いったい、どうなるんだろう?・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その6〜保育所では「幼児教育をしていない」という前提認識への疑問〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04-3

・・・「保育園出身の子は」という批判をしばしば耳にした。実は、保育所出身の子の中に集団行動ができない子が比率としては多く含まれている、ということも事実であると気付いた。実は、このことこそ、保育所が誇るべき文化である。・・・一部の人気幼稚園で、「建学の精神」等から、子どもと家庭を選別していることとの対比で、保育所が、「すべての子ども」を受容し、包含している事実は、もっと強調してよい。・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その7〜介護保険型の「利用者補助方式」への疑問ァκ欅蚓措入が減る〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-04-4

・・・高額所得者も従来は「公定価格」で受けられていた保育が、「自由価格」に移行することにより、経済的にも負担は軽くならない。結局、親の経済力によって、子どもを分断するだけの制度ではないのか?・・・

子ども・子育て新システムについて思うこと・その8〜「すべての子ども」とは?〜
http://bengoshi-teramachi.blog.so-net.ne.jp/2010-12-05

・・・地域主権改革で、一括交付金にされてしまったら、絶対に縮小されてしまうような少数者のための事業こそ、「新システム」に入れて、「子ども」紐付きにすべきではないだろうか。・・・


以上です。
| 子ども・子育て新システム | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:05 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nagoya-gakudo.jugem.jp/trackback/47
トラックバック